プロジェクトNext:団体概要

団体概要

あなたと被災地をつなぐ「顔が見える支援」

Aiding survivors “face-to-face”    

 

プロジェクトNextの活動を追ったドキュメンタリー

3.11からNext 〜ある歯科医の挑戦〜《序章》】

もりおか映画祭2011オフシアターコンペティション最優秀賞受賞

ヒューマンドキュメンタリーコンテスト2011 最優秀賞受賞

制作・著作:株式会社ピーキューブ

もりおか映画祭2011 オフシアターコンペティション結果発表

支援が行き届かない方々を直接支援


 プロジェクトNextは、岩手県遠野市を拠点として、東日本大震災の大津波で被災した方々への支援活動を行なっている一般社団法人です。主に、被災地の次世代を担う子どもたちや支援が行き届かない方々へ、個々の自立程度やニーズに応じた支援活動を行なっています。


 被災地には支援格差が存在ます。被災した方々の事情や自立の程度は複雑多岐にわたり、平等を意識した支援が逆に不平等を生み出してしまうことがあります。


 プロジェクトNextは独自のルートで被災地の情報を入手し、支援が行き届かない方々を探し出しています。津波災害の記憶が風化し始めた今、支援が行き届かない方々へのセーフティネットが必要とされているのです。


 三陸沿岸は山が多くて平地が少ない特有の地形。その土地柄が影響してか、集落ごとの結びつきが強い一方で、外部の人間に対してはやや排他的な傾向があり、ボランティア団体による踏み込んだ支援を難しくする要因になっています。

 プロジェクトNextの現場担当スタッフは、「生まれ育った町を支援したい」気持ちを持つ地元の人間です。細部にわたる支援活動が可能なのは、彼らの土地勘や人脈によるものです。また、支援先の方々と言葉(方言やイントネーション)が同じであることや、自身も被災しているため同じ立場で話ができることが、より踏み込んだ支援を可能にしています。


 「いつ誰に届くか分からない義援金より、本当に困っている方を直接支援したい」とお考えでしたら、ネットを通じて支援活動に参加できる、「顔が見える支援」にご参加ください。


 このホームページには、離れたところに住んでいても参加できる支援方法を掲載しています。あなたからの温かいお気持ちを、プロジェクトNextが被災地に届け、写真やブログで報告していきます。被災地と活動の今を確認しながら、自分ができる形で支援活動に参加していただけたら有り難いです。



一般社団法人プロジェクトNext

代表理事 打越 岳






 支援募集ポスターと活動リーフレットは、以下のリンクからPDFファイルをダウンロードしてお使いいただけます。活動リーフレットは1と2の裏表ページ構成で、A3サイズ両面に印刷することで二つ折りのリーフレットになります。情報拡散で支援にご協力いただけたら幸いです。


支援募集ポスターのダウンロード

活動リーフレットPDFのダウンロード  

一般社団法人プロジェクトNext

  団体概要

028-0517 岩手県遠野市上組町3番10号(打越歯科医院内)

住  所

090-1397-1552

電  話

Eメール

ホームページ

2011年7月20日(2011年3月13日より活動開始)

設立年月日

「東日本大震災の津波被害を受けた三陸沿岸への復興支援」のため、打越岳(現代表理事)が設立。釜石市鵜住居町で被災した弟の安否確認のため被災地を訪れたことをきっかけに支援格差の存在を知り、支援のセーフティネット(安全網)を張る必要性を痛感。歯科医院を営む傍ら、個人による活動を続けていたが、活動継続のため一般社団法人の設立に至る。

設立経緯

三陸沿岸各市町村へのハブである岩手県遠野市を拠点に、支援が行き届かない自宅避難者や孤立集落などの支援に恵まれない方々を支援する。現場に足を運んで信頼関係を築きながら現場のニーズを汲み取り、物資・文化・自立・起業・教育などの分野において柔軟な支援を行なう。支援先の写真や御礼メッセージなどを随時インターネットで公開することで、支援者が支援の結果を確認でき、さらに継続的に関わっていただける「顔が見える支援」のプラットフォームを構築している。また、「Amazonほしい物リスト」を活用したミスマッチの無い物資支援を行なう。また、これらの非営利活動と併行して、支援活動を支える活動費を得るための収益活動を行なう。

活動内容

支援活動を通じて、東日本大震災の津波被害を受けた三陸沿岸と日本全国・全世界の方々を結び、助け合い、ともに笑い合える復興した未来の実現に寄与する。そして、東日本大震災による一連の被災(地震・津波・福島第一原子力発電所事故)をひとりひとりが自分のこととして認識することを促し、得られた教訓を次世代につなぐことを目的とする。

活動目的

打越 岳

代表理事

名  称

音楽レーベル事業

事業:営利事業(利益はすべて非営利事業に充当)

音楽ライヴなどのイベントを企画・興行する。

イベント興行事業

ロゴTシャツやステッカーなどのオリジナルグッズを制作・販売する。

物品販売事業

通信販売サイトのアフィリエイト・プログラム(成功報酬型広告)を利用し、販売手数料を得る事業を行なう。

アフィリエイト事業

「東日本大震災の津波被害を受けた三陸沿岸への復興支援」のため、三陸沿岸各市町村に対し、主に以下の支援事業を行なう。

(1)物資支援事業(食糧品や日用品などの物資を支援)

(2)文化支援事業(音楽イベントや文化・娯楽を支援)

(3)自立支援事業(会社・自営業再開を支援)

(4)起業支援事業(新規事業立ち上げや企業誘致を支援)

(5)教育支援事業(次世代を担う子供たちの教育を支援)

(6)情報発信事業(被災地や支援活動の情報発信により復興を支援)

支援活動事業

事業:非営利事業

音楽レーベル「project Next」を設立。一般社団法人プロジェクトNextの活動に賛同するアーティストから音源の提供を受け、その配信販売やCD・ビデオ・レコードの制作・販売などの事業を行なう。

ダニエル・カールさんがプロジェクトNextを紹介してくださいました。

 震災以来、物資支援のため、東京ー山田町間を自らの運転で10往復以上してきたダニエル・カールさん。プロジェクトNextは2011年4月から彼と連携して支援活動を行なってきました。プロジェクトNextの活動を最も理解しているひとりです。

大阪のナレーター畑中ふうさんのラジオ番組にあんべ光俊さんが出演されたときの放送です。

RADIO HAAFUU

畑中ふうさんとのご縁

道上洋三さんがABCラジオでプロジェクトNextを紹介してくださいました。

歯科医師である前に、人としてできること/打越歯科医院 打越岳

和田精密歯研株式会社『希望』2012年4月号(春号)「絆 震災から歩いてきた道」で取り上げられました。

プロジェクトNext設立の経緯をお知りいただける内容です。

西尾 雄一郎

顧問弁護士

第五期決算報告(平成27年7月1日〜平成28年6月30日)

正味財産増減計算書

貸借対照表



第四期決算報告(平成26年7月1日〜平成27年6月30日)

正味財産増減計算書

貸借対照表



第三期決算報告(平成25年7月1日〜平成26年6月30日)

正味財産増減計算書

貸借対照表



第二期決算報告(平成24年7月1日〜平成25年6月30日)

正味財産増減計算書

貸借対照表



第一期決算報告(平成23年7月20日〜平成24年6月30日)

正味財産増減計算書

貸借対照表